ホーム>ゼロからのサーフィン

ゼロからのサーフィン

誰しもが最初は「初心者」!

 どんなに上手いサーファーでも最初は初心者だった。

誰しもが最初は「初心者」!

“初心者”時代はみんな周りの状況を見る余裕もなく、ルールやマナーに戸惑うこともあったはず。そんなサーフィンのルールやマナーもサーフィンスクールや サーフィンの先輩方に教えられ、周りのサーファーにたくさん迷惑をかけながら、時には怒鳴られ、その理不尽さに驚きながらも上手くなってきました。ですが 必要以上に萎縮する必要はありません。少しづつサーフィンのルールとマナーを理解していきましょう。最初は理不尽に感じることもあるかもしれません。しか しそれは、長い年月をかけてサーファー達が作り上げたものなのです。常に謙虚な気持ちを持っていれば、サーフィンコミュニティーは意外と簡単に打ち解けら れるものなんです。

知らないと怖いルールとマナー

何も知らずに海に飛び込む事はとっても恐ろしいことなんです。ローカルへのリスペクト、海では騒がない、優先権、邪魔をしない、ごみを捨てない・・・などなど細かい事が多々ありますが、しっかりルールとマナーを守れば、楽しいサーフィンライフを送ることが出来ますよ。周りにサーフィンを教えてくれる人がいなければ、サーフィンスクールから始めるのが一番安全かもしれませんね。

 

サーフィンが上手くなるには?

サーフィンが上手くなるには?

「出来るだけ多く海に入ってたくさん波に乗る」

これが一番の上達方法!ですが初心者のうちは分からない事だらけ。サーフボードは何がいいの?どこの海が初心者向け?この波どうやって乗るの?

ま ずは道具。サーフィンを始めるには自分のサーフボードとウエットスーツがなくては始まりません。どのボードが自分に合ってるの?どのウエットスーツを着た らいいの?いきなり高価な道具を買うのは不安なもの。一度サーフィンスクールなどに参加して体験してからでも遅くはありません。しっかり知識のある方にア ドバイスして貰い、自分に合ったものを手に入れなくてはいけません。ここでミスしてしまうと上達の妨げになり、わざわざ回り道をしなくちゃいけなくなりま す。

どんな場所でサーフィンすればいいの?

初心者のうちは周りを見る余裕などなくその結果、中・上級者にとってプカプカと浮いてる見知らぬ初心者は障害物でしかありません。波が良いからといって混雑しているポイントでサーフィンしても、波に乗るどころか周りのサーファーにたくさん迷惑をかけ、時には怒鳴られ、ボードを壊したりと踏んだり蹴ったり・・・夏のような何処に行っても大混雑の時以外はまず、出来るだけ混雑から離れてサーファーとの接触を避けるようにしましょう。誰もいない海でサーフィン・・・憧れますけどそんな日は1年に数回程度。初心者向けのポイント選びは経験豊富な方にチョイスしてもらう事をおススメします。

どうやって波に乗れるの?

サーフィンは自然相手のスポーツ。波はその日、その場所によって全然違うサイズ、パワー、形をしています。サーフィンは1つ1つ形が違う波にタイミングを合わせて、波に押してもらいサーフボードの上に立つ。聞けば簡単に出来そうですがこれが難題なんです。波やサーフィンに関する知識を得る事はサーフィン関連の雑誌やDVD等で数多くあり、今の時代簡単に知識を得ることが出来ますが、それだけではサーフィンは上達しません。よくサーフィンの知識はすごいけど、実際に海でサーフィンを見ているとあれ!?っていう人がいますよね。知識ばかりを詰め込んで頭でっかちになってしまうと、海での適応力が欠けてしまう事が多いので気をつけましょう。

では何が一番いいの?

それは実際にサーフィンして失敗や成功の繰り返しが必要になります。これがサーフィン上達の一番重要な事です。今のはなぜ失敗したのか?なんでさっきのは上手く乗れたの?毎回毎回、原因を考えて修正する。これの繰り返しが大事なのです。実際に海に入っている時は波や上手いサーファーを観察すること。そして的確なアドバイスをくれるサーフィンの先生がいてくれると上達は早くなります。

 

まとめ

サーフィンが上達する為には・・・

  1. 自分(のレベル)に適した道具 (ボードやウエットスーツ等)
  2. サーフィンの基本をしっかりと教えてもらえる環境
  3. モチベーションを上げてくれる仲間が必要 (一人で黙々とやるよりみんなで楽しみを分かち合う)。

この一つの要素が欠けてしまうと上達に支障がでてきます。

初めての道具選び

初めての道具選び

サーフィンはサーフボードとウエットスーツががないと始まらないと先程お話しましたが、知識も経験もないうちにマイボード&ウエットを買うのは危 険!サーフショップに通いスクールに参加したりレンタルしたり、色々なボードに乗ってみて自分で納得したサイズのボードを買うのが一番です。

サー フボードには大きく分けるとショートボード(180~190cm前後)、ファンボード(200~240cm前後)、ロングボード(9Feet、274cm 以上)があります。いきなりショートボードから始めて乗れるようになる方もいますが、100人に1人いるかいないかです。。それ以外の人は大抵挫折しま す。いつかはショートボードに乗りたい!という方にはファンボードから始めた方が良いとか体重、身長、年齢、よく行くポイントの波を考えて、長さ・幅・厚 み・素材などを考えていきます。サーフィン中は1本のサーフボードですべてが決まりますので、自分が信頼出来る事が出来なければいい波に乗ることなんて出 来ませんよね。サーフボードは戦闘機のような物、自分意思がしっかりと伝わらないと(コントロール出来る)思い描くライディングをすることなんていつまで 経っても不可能なのです。

ウエットスーツも同じ。体全身を覆うウエットスーツはいわば戦闘服!自分の体に合わない、動きづらい、破けている・・・では壮大な海に立ち向かうことは不可能。春夏秋冬、季節によってウエットスーツも変えなくてはなりません。ウエットはただ体を冷やさない事や日焼けを防止する為だけではなく、自分や見知らぬ人のサーフボードやフィンなどから守ってくれる重要な道具です。ウエットスーツはサーフボードと同様、人それぞれ身長・体重が違うように使う季節によって素材やタイプを選びサーフショップなど経験豊富なスタッフにアドバイスをもらう事が一番です。自分に合ったサーフボード・ウエットスーツは早く、そして楽しく上達する重要な鍵となります。

ページ上部へ