ホーム>初心者向けサーフボード

初心者向けサーフボード

初心者用サーフボード

これからサーフィンを始めたい!という方やサーフィンをやってはいるが全く上手くならない方、必見です!

これから本格的にサーフィンを始めるという方

最初の1本目のサーフボードであなたのサーフィンライフが決まります!サーフィンを始めるという事は自分のサーフボードやウエットスーツを手にするという事。最初は誰しもあまり予算をかけずに気楽な気持ちで適当にネットで調べて購入したり、量販店さんのスタッフに言われるがままにサーフボードをチョイスする方が非常に多いのが事実。

今から10年以上も前であればサーフショップの店員に『君はこれでサーフィンしろ!』なんて体育会系のノリの時代があったのも事実。ですが今の時代インターネットの普及で誰もが簡単にサーフボードを手に取ることが出来るようになりました。そしてサーフボードのブランドやタイプも多種多様になりました。サーフボードを選ぶという事は自分の身長・体重の他にもサーフィンする頻度やモチベーション、環境やビジョンによって変わります。ですので同じ体格・性別でも全く同じサーフボードになる事は決してありません。サーフィンは毎回違う形・パワー・大きさの波に1本のサーフボードで立ち向かうスポーツ。サーフィンは思っている以上にとても難しいのです。サーフボードの選択ミスでサーフィンの上達の妨げになる可能性だってある事を知って欲しいです。上級者であればどんなサーフボードでも乗りこなす適応力がありますが、サーフィン初心者の時はサーフボードに自分の足りない要素を補ってもらう必要性があります。過去何人もボードチョイスで失敗してサーフィンをリタイヤしたサーファーをたくさん見てきました。近年はサーフィンスクールというサーフィンの上達にとって素晴らしい環境が全国的に浸透して来ました。そしていくら自分に合ったサーフボードを手にしたからと言って上手くなる訳でもなく、手にしてからの環境も非常に大事になります。サーフボードを買いました、はいじゃぁ頑張って下さいね!とか1回サーフィンスクール無料ですでは絶対にサーフィンは上達する事なんて出来やしません。当店でサーフボードもしくはウエットスーツをご購入頂いた方(クラブ員)はショップスタッフによりサーフィンスクールがいつでも無料で受講できるシステムを行っています。自分に合ったサーフボード&ウエットスーツ、サーフィンを常に教えてくれる環境、自分と同じようなレベルの仲間がたくさんいる事がサーフィン上達をさせる必要な要素となります。1つでも欠けてはダメなんです!

サーフィンをすでに始めてはいるが、一向に上手くなる気配がない方

なぜサーフィンが上手くならないのか。自分にはサーフィンは向いていないんではないだろうか。サーフィンしててそう思う時があると思います。特に誰からもサーフィンを教わらずに我流でやっている方にとても多くみられる傾向です。まず1番に考えられる事は自分に合ったサーフボードでサーフィンしているか?です。月に1~2回程度でサーフィンして期間限定(暖かい夏前後だけ)の方が果たして一番難しいショートボードでサーフィンが上手くなるでしょうか?週に1回のサーフィンペースで1年中サーフィンする方でもショートボードから始めても上達はかなり遅いと思います。もちろん全く上手くならないと言っているわけではありません。ただ上達が極端に遅いという事。初心者の間はパドリングに必要な筋力、波を見極める状況判断、大きな波の時もくじけない忍耐力がありませんので常にサーフボードやウエットスーツのアイテムに助けてもらうことが重要になります。サーフボードで言えば浮力といってボードの長さや幅、厚みを十二分に持たせる事によって自分に足りない要素を補う必要があります。一度サーフィンスクールを受講し自分に合ったサーフボードでサーフィンしているのかをチェックしてもらう事が改善のきっかけになるかもしれませんね。

大きく分けてサーフボードには3タイプあります!ロングボード・ファンボード・ショートボード
これから詳しく説明していきます。

サーフボードの種類

ショートボード

ショートボード

ショートボードはだいたい170~190cm台の長さでノーズの部分(上の尖がった部分)が細く中級者~上級者向けのボー ドです。

これからサーフィンを始めたい方や初心者の方にはあまりオススメできないサーフボードです。ノーズの部分が細い 為、テイクオフ時(ボードに乗る瞬間)にふらついたりしますので安定感に欠けます。

しかし、中級者~上級者のようなボードコントロールがしっかりと出来るサーファーには切り返しが早く技につなげ易いボードになります。
 

メリット・・・基本がしっかりと出来ている中級者~上級者にとってはとてもコントロールし易いボードで、切れのあるターンや技が可能。
デメリット・・・これから始めたい方や初 心者(テイクオフが安定していない方)にはこれほど乗りづらいボードはないと思います。船で例えますと、一人乗りのボートと何百人と乗れる旅客船どちらが 安定感があると思いますか?一人乗りのボートがショートボードで旅客船がファン・ロングボードに例えられます。ですのでこれからサーフィンを始めたい方に はオススメできません。初心者の方には一番必要なものは『安定感』です。ショートボードにはこの『安定感』はほとんどありません。

ロングボード

ロングボード

ロングボードとは9feet(274cm)以上のボードを指します。初心者~上級者まで幅広いレベルの方々に使用できます。

まずロングボードはすぐにボードに乗ることが可能です。3つのボードの種類の中で一番『安定感』があるのはこのロングボードです。

ボードの長さ・幅・厚みどれをとっても一番大きいことにより乗りやすさはずば抜けています。
 

メリット・・・早くサーフィンを上手くなりたいという方にはロングボードがオススメです。乗りやすく波のコンディションにあまり左右されず、長い距離・時 間ボードに乗ることが可能。腕力のない女性でも楽々波に乗れちゃいます。中々サーフィンに行けない方でもすぐに上達できる優れものです。時間があまりない 方や仕事の休みが中々取れないという方にはオススメです。
デメリット・・・サーフィンでのデメリットは少ないのですが、やはりボードが大きい為、持ち運び という点でデメリットが発生してしまいます。慣れてくれば大きなボードも扱い易くなりますが、初めは少し大変かもしれません・・・。

ファンボード

ファンボード

長さ200~260cmくらいのボードを指します。

先ほどショートボードとロングボードを説明しましたが、このショートとロングの中間の長さのボードと考えて下さい。

ファンボードは範囲が広く、写真右側は206cmでファンボードの中でもショートに近い長さ、写真左側は230c mでファンボードの中でもロングに近い長さになります。

長さは将来のビジョン(後々はショートボードに乗りたい。。。など)を考え自分に合ったボードをチョイスすると良いでしょう。
 

メリット・・・ショートボードのメリット、ロングボードのメリットの両方が取り入れられ一番美味しいとこどりなボードです。当店で一番このファンボードが 売れています。ショートボードほど乗りづらくなく、ロングボードほど持ち運びづらくありません。乗りやすさはボードにサイズにもよりますが、ロングボード に引けをとらないくらい乗りやすいボードにもなります。
デメリット・・・これといったデメリットは無いような気がします。ファンボードは長さの範囲が広いのでボードのサイズをチョイスが難しいということくらいですかね・・・。

ADDICT的理想のボードチョイス

後々はショートへ!ストイック派の方

ボードチョイス

①まずは自分のパドリングでしっかり波をキャッチできるようになって下さい。乗れる!と思ったら70~80%の確率でテイクオフ出来るようになるまではこのサーフボードタイプでしっかり基本をマスターしましょう!サーフィンは波に乗ってこそ上達します。たくさん海に行っても波にほとんど乗れなければ上達は出来ません。
長さ220cm~240cmくらいのファンボードがおススメ!

 

②70~80%の確率でテイクオフが成功(自分のパドル力でボードの上に立つ)出来るようになったら今度は波によって右や左に波に並行するように滑るようになりますので、少しサーフボードを短くしたり全体的にボードのボリューム(浮力)を落としてコントロールしやすくします。ただここで急激にショートボードのように一気に浮力を落として波に乗れなくなってしまうような今まで頑張ってきた努力を無駄にしなようここではまだ無理をしないようにしましょう。
またショートボードからサーフィンを始めてしまい中々上達しないと悩んでいる方にもこのサーフボードはおススメできます!ここからもう一度基本をしっかりと身につけ確実に波をキャッチ出来るようになるまで練習しましょう。
長さ200cm~220cmくらいのファンボードがおススメ!

 

③ここでいよいよショートボードの入門ボード、ショートファン(ショートボードとファンボードの中間サイズ)に挑戦です!これまでしっかりと基本をマスターし、波の見分け・テイクオフの安定性・体重移動が出来るようになると今度はさらにボードをコントロールしてボトムとトップを使い自分の意思でボードを加速できるようにします。ここのサイズのサーフボードに来ると乗り味はほとんどショートボードになりますので難易度は上がってきます。波のパワーゾーンを使ってしっかりとインサイドまで波に乗り継げるようになるまでしっかりとこのボードで基本をマスターしましょう!
長さ190cm前後のショートファンボードがおススメ!

 

④いよいよここが最終目標のショートボードになります!ここまで来ればかなりの腕前、今度は派手なアクションを決めれるように必要な浮力以外はさらに落とし、ちょっとした体重移動でサーフボードをコントロール出来るようになります。ショートボードはサーフボードの種類の中で最も難しいボードタイプなので、ファンボードやロングボードと違って波によってサーフボードを変える事が必要となります。ロングボードやファンボードはある程度どんな波のサイズやタイプでも1本で賄えるようになりますが、ショートボードの場合にはオールラウンド用・ハイパフォーマンス用・小波用などといった波の性質によってその日のコンディションによってボードチョイスするのが基本。ですので最低でも3タイプのサーフボードを持っている事をおススメします。
プロサーファーでも何十本ものサーフボードの中から最低でも3~4本自分の気に入ったサーフボードを持って大会に出場しています。ショートボードになったら出来るだけ多くのサーフボードを乗って自分に合うボードを探してみて下さい。
長さ170cm~190cmのショートボードがおススメ!

 

まったりとマイペースでサーフィンを楽しみたいエンジョイ派の方

まったりとマイペースでサーフィンを楽しみたいエンジョイ派の方

とりあえずサーフィンを始めてみよう!夏だけサーフィンを楽しみたい!中々仕事で海に行けないという方のおススメなサーフボードはロングボード・ミニロング・ファンボードです。1年中サーフィンしてやる!といったストイックなサーファーと同じサーフボードでサーフィンしても海に行く頻度が少なくなりますので、それを補う為にたっぷりと浮力のあるサーフボードが必要になります。浮力は乗り手の足りない部分を補ってくれて少ない回数でも早く上達してくれる優れものです!まずは波に乗る感覚を早く味わってサーフィンの楽しさを知ってもらいます。そうすれば長い期間サーフィンを続けていけると思いますので無理なくたっぷりな浮力のあるサーフボードをチョイスすることをおススメします。
長さ240cm~以上

 

ページ上部へ